生理痛に苦しむ女性

生理痛を緩和する方法として、様々な手段があります。

ピル服用で生理痛改善!消退出血と脳梗塞との関係

ピル服用で生理痛を改善した女性の画像PMS、生理痛、更年期障害の改善にピルが使用されています。
ピルと聞くと、避妊薬というイメージをもっている方が多いかもしれませんが、PMSや生理痛を軽減したり、卵巣がんや子宮体がんなどの発生率を大幅に低くする効果もあるとされ、治療薬として広く使われています。
ピルの主成分は、卵胞ホルモンと、黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンです。このホルモンは妊娠するための体づくりと妊娠を維持する働きをしますが、このホルモンバランスが乱れるとPMSやさまざまな症状を引き起こします。
これを安定させるために、ピルには両方のホルモンが含まれ、飲むことで排卵を止め妊娠した状態を作り出します。そのため脳は妊娠していると勘違いをし、つわりのような症状がでる場合もあります。
ピルを服用するときには、かならず休薬する期間がありますが、これは子宮内膜がはがれ消退出血し、新たに子宮内膜を生成するために必要な期間です。
消退出血を起こすことで、生理周期を把握することもできますし、子宮内膜を厚くしすぎないためにも消退出血は必要なものです。

生理痛や生理不順など、女性ホルモンが関係する症状に効果的なピルですが、気をつけないといけないことがあります。
それは血栓症です。血栓とは血液の中にできる血の塊のことで、本来は止血の働きをしていますが、溶解せずにそのまま血液をながれ、脳で詰まれば脳梗塞、心臓で詰まれば心筋梗塞など、重篤な副作用を引き起こすこともあります。
特に喫煙は血栓症のリスクがたかくなるので、ピルを服用する場合には、特に注意し禁煙につとめることをおすすめします。
病気予防や肌トラブル解消というメリットもあるピルには、デメリットもあります。きちんと知った上で正しい知識を身につけて服用することが大事です。